«
»

二桁増額続く中国国防予算

茅原 郁生

習氏の複雑な党軍関係

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国では、第12期全国人民代表大会(全人代)第3回会議が北京の人民大会堂で5日に開幕し、2015年度予算などが採決された。李克強首相による政府活動報告では14年の経済成長率目標7・5%は達成できないと認め、15年の成長率目標は7・0%に引き下げられた。が、その達成も決して容易ではない。

 この経済状況の中で、15年度の国防予算8868億元(約16兆9000億円)が計上され、前年実績比で10・1%増だった。中国の国防費は米国に次ぐ予算規模となり、わが国の15年度の防衛費の3・5倍に及ぶ。中国の財政収支や他の部門との関係などは政府活動報告の資料の公表を待って詳細に分析されるべきであるが、本稿では増額が続く国防費を通じて習近平の党軍関係を探ってみたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。