«
»

私もシャルリーではない

渡辺 久義

挑発にも程がある風刺

京都大学名誉教授 渡辺 久義

 タイトル(「私もシャルリーではない」)は、あるインターネット・サイトへの投稿論文「私はシャルリーではない」を借りたものである。現時点(1月13日)までに私の読んだ十数編の英文論文を引用しながら、まとめる形で、7日のパリの風刺雑誌社襲撃事件について、私見を述べてみたい(今のところ、これを含め、その3篇を翻訳紹介しているので、創造デザイン学会サイトをご覧いただきたい)。

 すべての論文が基本的に同じスタンスで、私には納得できるもので、このタイトルは全体に通用すると思われる。「私はシャルリーだ」というプラカードをもった大デモ隊に対しては、共通して批判的だ。私にとって最も不可解でかつ不気味なのは、このデモの異常に大きな規模で、これは未来の恐ろしい展開を予想させる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。