ワシントン・タイムズ・ジャパン

2015年の米ユダヤ系議員団

佐藤 唯行

逆風下だった中間選挙

獨協大学教授 佐藤 唯行

 現在、米連邦議会におけるユダヤ系議員の総数は上院が10人、下院が19人。米総人口の2%弱にすぎぬユダヤ系が上院議員の10%を占めている事実は米政界における彼らの無視し難い力量を物語る証左といえよう。

 とはいえ、ピーク時の2009年初頭(オバマ政権発足時)と比べると上院で3議席、下院では実に12議席も失っているのだ。姿を消したこれら15人の中には高齢引退組、転職組も含まれるが、今回の中間選挙における「共和党圧勝」のあおりを受け、落選した議員も随分いたのだ。民主党所属が圧倒的に多いユダヤ系議員ならではの逆風下の選挙戦だったわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。