«
»

若きグローバル人材の育成

柏木 茂雄

チャレンジできる社会に

慶應義塾大学大学院教授 柏木 茂雄

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 新年はどういう年になるのだろう。世界は大きく動いており、我が国も経済の再生を早め国際社会における存在感を一刻も早く取り戻したいものである。

 しかし、最近の若者は元気がなく内向き志向であると言われる。グローバル社会で思う存分の活躍をしている若い人もいないわけではないが、それは一握りである。多くの若者はリスクを取りたがらず居心地の良い現状に満足している。

 日本経済の停滞が長く続き、親世代より生活レベルが低下するとの見通しがある以上、リスク回避志向はやむを得ない面もある。だからこそ早期のデフレ脱却と経済の好循環の開始が望まれる。

 その間、若者を励ますことも重要だが、若者のリスク回避傾向を彼らのせいだけにして良いのだろうか。その原因となっている社会の諸制度を見直すことも重要ではないだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。