ワシントン・タイムズ・ジャパン

神学で決まる「イスラム国」

渥美 堅持

現実に国となる危険性

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持

 今年6月29日、イスラーム教にとって重要な断食の月が開始されたその日、「イラク・シリアのイスラム国」(ISIS)と称する武装集団が「カリフ制復活」を目的とする「イスラム国」の設立を突然と宣言した。指導者アブー・バクル・バグダディなる者が「カリフ」に指名されたとして全イスラム教徒に「カリフ」に忠誠を誓うよう求めた。そして「イスラム国」の領域はシリア北部のアレッポからイラク中部のディヤラ県に及ぶとする声明を出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。