«
»

アフリカ支援に環境配慮を

太田 正利

開発で人災が増す恐れ

評論家 太田 正利

 最近「三菱商事」がアフリカで油田の探鉱権を取得し、その事業費は8000億円と報ぜられた。既得権益を有する企業として、三井物産(モザンビーク)、伊藤忠(ナミビア)、国際石油開発帝石(アンゴラ)等を挙げ、三菱商事はコートディヴォアールにも進出している(日経9月12日)。

 アフリカと筆者は浅からぬ因縁があるのは読者もご存じかもしれない。事実、筆者はケニアをはじめ(1968年)として、ザンビア、南アフリカと計3箇国に在勤(約8年半)した。次の喩え言は一部のアフリカ諸国には失礼にあたるかも知れないが(筆者の発明ではない…念のため!)、「ガーナは地獄の1丁目、ナイジェリアは2丁目、スーダンは地獄そのもの、南アは天国、ケニアは地上の楽園」という言い伝えがある。つまり、これによれば、筆者は、アフリカの「天国」と「地上の楽園」の両方を経験したわけだ!


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。