«
»

平和を守る安倍政権の選択

ペマ・ギャルポ

中国の動向に警戒心を

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 「これで良いのか日本」というテーマで沖縄において大きな集会があるというお知らせとお誘いの電話を、長年お世話になっている友人から頂いた。一瞬、私は沖縄でも祖国のことを心配する人々がいるのだと思い安心した。テーマとしては確かに私も喜ぶぐらいの良いものであったが、次の瞬間、登壇者の名前を聞いてがっかりした。中心的な人物として名前が挙がったのは野中広務氏、鳩山由紀夫氏であった。

 勿論お二人とも日本の政治の中心におられた方々で、今でも政界においてそれなりの影響力を持っておられる方々である。お二人ともかつては自由民主党に籍を置いており、政治の中枢で活躍した方々である。しかし、近年彼らの言動は私から見ると、彼らの言動こそが心配の要因であり、このままで日本が良いのかと心配になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。