ワシントン・タイムズ・ジャパン

亡命ユダヤ系音楽家の楽園

佐藤 唯行

戦前日本で学芸に貢献

獨協大学教授 佐藤 唯行

 1930年代から40年代、日本在住で名のある外国人音楽家の多くが東欧出身のユダヤ系だった。NHK交響楽団の前身に常任指揮者として招かれたヨーゼフ・ローゼンストック(1895~1985)はポーランド出まれ。美貌の天才少女ヴァイオリニスト、諏訪根自子の育ての親、アレクサンダー・モギレフスキー(1885~1953)はロシア出身。東京音楽学校(芸大音楽学部の前身)にピアノ担当の外人教師として招かれ、日本クラシック音楽の発展に寄与したレオニード・クロイツァー(1884~1953)もロシア出身。クロイツァーと同じく世界水準のピアニストで、同じく東京音楽学校に招かれたレオ・シロタ(1885~1965)はウクライナ出身といった具合だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。