«
»

進む「ワークライフバランス」

秋山 昭八

家庭時間増やす改正法

弁護士 秋山 昭八

 近時、労働基準法改正や育児介護休業法が改正施行されるに至ったが、これらは「ワークライフバランス」の考え方を基本的に取り入れたものであり、今後の労働法制を考えるに当たりキーワードとなるといえる。今後「仕事と家庭との調和」を図るため種々な対応が模索されていくことを念頭に、種々の法改正が検討される必要がある。

 最近の大きな改正は、平成20年12月5日成立の労働基準法の一部を改正する法律(以下「改正労基法」という)と、平成21年6月24日成立の育児・介護休業法の一部改正が挙げられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。