ワシントン・タイムズ・ジャパン

ロシアにおける「外国の代理人」法

日本対外文化協会理事 中澤 孝之氏

「外国のスパイ」と同義語 NGOなど弾圧の法的根拠に

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ロシアにおける「外国の代理人」の指定に関しては近年、メディアでもしばしば取り上げられ、その定義の曖昧さ、当局による説明のない一方的な適用などが批判されてきた。

 「外国の代理人(エージェント)」とは、「外国のスパイ」と同義語であり、当局からこの烙印(らくいん)を押されたNGOやメディアは、その活動が禁止されるか、制限される運命にあり、存続さえ危ぶまれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。