ワシントン・タイムズ・ジャパン

ロシア記者ノーベル平和賞受賞の波紋

中澤 孝之

反政府陣営の分裂露呈 ナワリヌイ氏支持者が批判

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ノルウェーのノーベル委員会は10月8日、2021年のノーベル平和賞をロシアの独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ(新しい新聞/NG)」編集長のドミトリー・ムラトフ氏(59)とフィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサさん(58)に授与すると発表した。1901年の第1回以来のノーベル平和賞の歴史で、ジャーナリストが受賞したのは、35年受賞のドイツのジャーナリストで平和運動家カール・フォン・オシエツキー(1889~1938)以来である。

 ロシア人のノーベル平和賞受賞者は、75年の物理学者で人権活動家のアンドレイ・サハロフ(21~89)、90年の元ソ連共産党書記長、大統領ミハイル・ゴルバチョフ氏(31~)以来3人目である。

元大統領が創刊を支援


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。