ワシントン・タイムズ・ジャパン

中国の人口動態とその課題

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生氏

労働人口減り老齢者増加 都市集中・流動人口増が深刻化

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国が発表した2020年の国勢調査によると、総人口は14億1178万人で、性別では男性7億2334万人(51・24%)、女性6億884万人(48・76%)と男性が3%弱多い状況にある。

 男性多数の原因は、中国の「一人っ子政策」に起因し、家名継承上、男児を好む風習によるが、この風習は労働力を重視する農村部では男児へのこだわりが強く、女児の「黒戸」(無戸籍)化の悲劇につながるだけでなく、少子化にもつながりかねない。実際、男女比は女性100に対して男性105人となり、結婚できない男性が増えることにもつながる。

「三人子政策」を検討も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。