ワシントン・タイムズ・ジャパン

米英豪軍事同盟成立に思う

元統幕議長 杉山 蕃

原潜技術が非核国に拡散 QUAD構成国・日本も装備を

元統幕議長 杉山 蕃

 9月15日、米英豪軍事同盟(AUKUS=オーカス)が成立した旨公表された。マスコミの興味の焦点は本件による、潜水艦開発問題に係る米仏豪の軋轢(あつれき)である。豪潜水艦問題は、我が国も「そうりゅう」型を候補として手を挙げた経緯もあり、国際的に話題となった。

 結局、フランスの通常型潜水艦シュフラン級をベースに開発が決まり、進行中であったところ、今回のAUKUS成立に伴い、豪側が一方的にフランスとの契約を破棄、米国または英国と原子力潜水艦を新たに開発することを通告したものである。怒り心頭に発したフランスは、最高の悪態を示しつつ、駐米・駐豪大使を召還する行動に及んでおり、目の離せない状態と成っている。

高度な運航技術が必要


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。