«
»

バイデン・ドクトリンの課題

西川 佳秀

口先だけで具体策示さず 政治体制の質高める努力必要

東洋大学名誉教授 西川 佳秀

 バイデン米政権は、中露などの独裁抑圧勢力とアメリカをはじめとする自由諸国の対立という二分法的構図で世界を捉え、人権・民主主義の重要性を強調し、それを独裁抑圧勢力に対する外交上の武器に用いている。俗にバイデン・ドクトリンと呼ばれるものだ。

信頼性損なう二重基準

 しかし、外交の目的に人権や民主主義など普遍的価値の実現を掲げると、その発動対象も普遍・グローバル化し、特定の国だけに規範を強いることは難しくなる。とはいえ自国や同盟国と敵対国を同一には扱えず、外交の発動基準は曖昧恣意(しい)に流れ、そのダブルスタンダードが批判に晒(され)される。普遍的価値を唱えながら、相手に応じて態度を使い分ける政策は狡猾(こうかつ)に映り、却(かえ)って外交の信頼性を損なう危険が伴うのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。