«
»

北極海温暖化とロシアの安全保障

乾 一宇

天然の障害・海氷が減少 原潜の聖域から「普通の海」に

ロシア研究家 乾 一宇

 北極海の温暖化にともない航路の利用や資源開発について、いろいろと議論が行われている。

 ロシアは、北東航路がロシア沿岸を通ることから、帝政ロシア以来、大きな関心を持ってきた。特に、国連海洋法では沿岸海域は、領海および排他的経済水域として沿岸国の優位が認められている。北極海は、航路を含めてロシアに特権的地位があるかのように積極的に行動している。ただ、海洋法の解釈や運用には国によって相違がある。

 ここでは、北極海の温暖化が、ロシアの安全保障にとってどのような影響をもたらすのかを考えてみたい。

不可能だった探知・攻撃

 まず、現状では砕氷船がないと通年の航行は困難であり、ロシアは他国に先駆け原子力砕氷船を含め質・量ともに優れた砕氷船を有している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。