«
»

注目集めるエピジェネティクス

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

体質は境遇の影響受ける 環境を借りて身体を調えよう

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 私たちの「体質」についての従来の考え方は、「気質」(その人の気性)と「体質」との相関性が論じられ、例えばドイツの精神医学者エルンスト・クレッチマーによる類型論(1955年)は、その一例である。すなわち“性格の中心は気質であり、その気質は体質によってつくられる”とクレッチマーは述べている(『体格と性格』21年)。

青春時代再現し若返り

 近年、この体質はその人の置かれた境遇に左右されるのではないかという「後天的環境説」が注目され、それが「エピジェネティクス」という新しい学問分野である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。