ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

鮮明化する米中の覇権争い

ペマ・ギャルポ

一党独裁・専制主義の中国 自由と民主主義尊重する米国

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 中国と米国の対立は、より鮮明に、より激しくなってきているように思う。その中でチベット、ウイグルあるいは南モンゴルをはじめとする地域で、中国が現在行っている人権弾圧が焦点になっている。それに加え台湾問題とアフガニスタンのタリバンの問題が米中両国の重要な駆け引きの中核である。7月26日に行われた米中高官の会談は、双方の立場を強調する場となり、表面的には大きな成果はなかったように見えた。だが両国の立場から見れば、それぞれが自国の主張を述べ合うと同時に、お互いの腹を探り合うという意味では、それなりの成果があったと解釈できる。

中国、タリバンに急接近


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。