ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

コロナワクチンをめぐる法的問題

小山 常実

「十分な説明と同意」不足 生命・身体の自己決定権を守ろう

大月短大名誉教授 小山 常実

 4月末、新型コロナワクチンの接種券が届き、いよいよ接種するか否か決断しなくてはならなくなった。いろいろ悩んだが、「ワクチンで死ぬよりコロナで死ぬ方を選ぶ」「生き方も死に方も自分が決めたい」と考えた。法的に言えば、生命・身体に関わる自己決定権の主張である。

まだ治験中のワクチン

 「日本国憲法」13条は「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と規定している。この13条から自己決定権というものが導き出される。

 特に「その者の人格的生存に不可欠な」事柄に関する自己決定の権利が出てくる。当然、生命・身体のあり方に関しては自己決定権が成立する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。