«
»

五輪期間中のサイバー攻撃の可能性

東京五輪のボード前を歩く歩行者(UPI)

イベント自体を人質に 国家的攻撃者の絶好の出番

 現在、コロナ禍の影響でテレワークを含め自宅で過ごす機会が増え、非常事態宣言下の東京オリンピックが始まり、期間中はさらに多くの人たちがネットにアクセスすることになろう。

注意要する勧誘URL

 ほぼ無観客でのオリンピック開催であることから、オリンピック・パラリンピック観戦視聴媒体はテレビ、ラジオ、インターネット中継となる。ライブでの視聴に加え、試合の動画配信、再視聴などを勧誘するURLにも要注意だ。

 また、オリンピック期間中、開催後は関連グッズのオンラインショッピングも見込まれる。くれぐれもネット上の被害に遭わないよう各個人で意識してほしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。