«
»

「東京2020」と「時代の精神」

櫻田 淳

「大会の哲学」用意し得ず 甘やかされて育った戦後世代

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 「東京2020」(東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会)が幕を開けた。「東京2020」は、準備の過程で諸々(もろもろ)の不手際や醜聞が積み重なった上に、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)最中に挙行される結果、日本国民の大勢の「共感」には程遠い催事になったようである。

 米紙「ワシントン・ポスト」記事(電子版、7月17日配信)は、既に「東京2020」を「完全な失敗」と評している。何故(なぜ)、「東京2020」は、このような無残な評価に甘んじざるを得ない催事になったのか。

時代画した「1964」

 振り返れば、57年前、「東京1964」の運営を基幹的に仕切った人々は、ほとんどが戦争に伴う「痛恨や挫折」を骨の髄まで知っていた世代である。それは、「時代の過酷さ」に最も直接に向き合った世代であると言えるであろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。