ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「北京2022」への対応を考える秋

櫻田 淳

「体制の宣伝」利用は明白 西側がボイコットなら日本も

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 「東京2020」(東京オリンピック・パラリンピック)の開幕まで、3週間を切った。オリンピック・パラリンピックが単なる「スポーツ競技の場」ではなく「国際理解・友好親善の場」であるとするならば、パンデミック最中の「東京2020」は、その意義を持たない催事になりそうである。「東京2020」開催がパンデミックの状況を悪化させることへの懸念は、日本国民各層にあって深い。

 筆者は、「東京2020」という催事それ自体には、既に何の思い入れも持たない。筆者が日本の対外戦略上の観点から関心を抱いているのは、「東京2020」よりも、来年2月に予定される「北京2022」の行方である。

固定すべき五輪開催地


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。