«
»

中国の宇宙開発に二つの懸念

茅原 郁生

独自基地で地上監視独占 ロケット残骸落下のリスクも

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 コロナ禍で世界経済が低迷する中、中国経済だけは回復基調にあり、20カ国・地域(G20)で唯一の国内総生産(GDP)プラス成長を見せている。その勢いで米中争覇は厳しさも増しており、宇宙にまで戦場は及んでいるが、その中国の宇宙開発姿勢は二つの難題に繋(つな)がっている。

実験データ流出の恐れ

 これまで宇宙開発は、冷戦時から米ソ両国が競争的に主導し、米国先導で進められてきたが、「両弾一星(原・水爆と人工衛星)」開発を国家目標とする中国が近年、宇宙開発競争に参入し、顕著な成果を見せてきた。現に2019年1月には世界で初めて月の裏側に無人探査機を着陸させ、20年6月には米国の地球測位システム(GPS)に対抗する独自の測位システム「北斗」を完成して国際的な商業利用を始め、11月には月探査用の「嫦娥(じょうが)5号」を打ち上げて2キロの月面土壌サンプルを地上に回収していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。