«
»

公約守らぬバイデン米政権

ロバート・D・エルドリッヂ

低いままの連邦最低賃金 学生ローン返済免除も進まず

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 政権が誕生してから100日目の直前となる4月28日、ジョー・バイデン米大統領は米議会で両院に対して初演説を行った。1時間余りのスピーチは国内問題が中心であって、多くの政策や要望を、彼の民主党がコントロールする上院や下院に伝えた。

 声が小さかったものの、失言などのミスが比較的に少なかったので、スタッフや周りはほっとしていたに違いない。

 民主党は大統領のスピーチを高く評価した。それは同じ党出身だから当然だ。しかし、意外なのは、同党の左派がスピーチだけではなく、今までのバイデン政権を「期待した以上なもの」だとまで言っていることだ。基準がそもそも低かったのか、それとも運営は期待していた以上にうまくいっているのか、どの意味でそう述べているのかは不明だが、明らかにそれは党派的な評価だ。

対コロナ支援金は減額


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。