«
»

プーチン露大統領の年次報告演説

中澤 孝之

欧米の制裁に皮肉で抵抗 対話の継続には意欲のぞかす

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 やや旧聞に属するが、ロシアのプーチン大統領は4月21日、モスクワのクレムリン近くのマネージ中央展示ホールで、毎年恒例の連邦議会向け年次報告演説を行った。約1時間20分に及んだ演説は内政・外交の基本方針を説明するものだが、大統領府のサイトで配信されたロシア語版の分量はA4で29枚(英語版もほぼ同じ)。

 今年は最初の内政部分が83%近くを占め、外交はわずか約17%にとどまった。外交の箇所で、日露関係には触れず、緊密な関係を進める中国の名前も挙げなかった。

「厳しく対応」と警告


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。