ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

セダカの伝統守る「慈善の民」

佐藤 唯行

温情主義のユダヤ企業家 福祉・教育事業にも莫大な献金

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ユダヤ人を形容する枕詞(まくらことば)の一つに「慈善の民」という言葉がある。それを裏付ける統計的数値もある。1997年の調査によれば、英国ユダヤ人は人口比6倍の割合で慈善金を拠出しているのだ。年収3万~5万ポンドの英国ユダヤ人を対象とした2013年の調査結果も興味深い。年に1万ポンド以上も寄付してしまう奇特な篤志家が1%存在し、年2000~1万ポンドを献金する者は8%に達していることを示しているからだ。平均的な所得層の慈善への傾倒ぶりを示して余りある数値と言えよう。

幼少時から寄付の習慣


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。