«
»

ロシア外交官一家の北朝鮮脱出行

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

手押しトロッコで1㌔強
コロナで封鎖の国境の橋渡る

宮塚 利雄

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 北朝鮮問題に長年携わっているが、北朝鮮と言えばとかく「怖い・気持ち悪い・暗い」というイメージと、奇異なヘアスタイルで注目を浴びる指導者とその妹と夫人の動向、残忍な粛清(死刑)、ミサイル発射。時には「喜び組」とか「美女軍団」など明るそうに見える話題として取り上げられることもあったが、この二つはマスコミが揶揄(やゆ)して報道した「嘲笑(ちょうしょう)気味の存在」にしかすぎなかった。

露外務省が動画を投稿

 そのような訳で、北朝鮮に関わる報道でほのぼのとした「ほっと」(ホットとは違う)なニュースに出くわすことは今まで一度もなかった。しかし、今から1カ月以上も前のことだが、2月25日夜、ロシア外務省が暗号化メッセージアプリ「テレグラム」の公式アカウントに投稿した動画に驚き、思わず「えっ、本当? これは面白い映像だ。今までこのような映像は見たことがない」と、声を上げてしまった。

 動画には外交官一家の女性と子供らが乗り、スーツケースを満載した手押しトロッコを、北朝鮮駐在ロシア大使館のウラジフラフ・ソロキン3等書記官が押して、北朝鮮側からロシアとの国境に架かる鉄道橋(朝露友情橋)を越えて来る、一家の歓声混じりの映像が映し出されていた。

 ロシア外務省は2月25日に「在北朝鮮ロシア大使館に勤務するロシア人外交官とその家族が手押しトロッコを使ってロシアに帰国した」と明らかにした。「北朝鮮は新型コロナ対策のためロシアとの国境を封鎖しており『他に手段がなかった』」とし、家族は3歳の娘を含む7人であったという。

 この時期の北朝鮮から脱出と言えば、凍(い)てついた鴨緑江や豆満江の薄氷の上を命懸けで脱出する、いわゆる「脱北者」を思い出してしまう。だが、この家族は平壌から列車で32時間、バス2時間を使って国境付近に到着し、その後、用意されたトロッコに荷物を載せ、朝露友情橋を渡って、北朝鮮から脱出したのである。

 それにしてもトロッコには動力がなく、同書記官が「メインエンジン」としてトロッコを1㌔以上押したとのこと。一家が鉄道橋を渡ってくる場面はロシア側から捉えられており、歓声を上げ喜びを隠し切れない一家の狂喜の帰国映像に、先にも述べた北朝鮮国民の脱北とはあまりにも対照的なので、私は画面を食い入るように何度も繰り返して見てしまった。

 一家は平壌駅から羅津駅で下車し、さらにバスに乗って豆満江駅一歩手前の洪儀駅か九龍坪駅から用意されたトロッコに乗って国境に架かる橋を目指したのだろうか。私が注目したのは平壌から羅津まで32時間もかかったという汽車の乗車時間であり、4線軌道のレールについてであった。

 というのも、私は土木建設会社の間組(現在は安藤ハザマ)の『間組百年史』で、戦前の間組の朝鮮半島北部地域(現在の北朝鮮)の鉄道敷設工事での難関だった数々の事例を知っていたので、平壌~羅津間が32時間には驚いた。

 戦前、日本の植民地であった台湾の縦貫鉄道の急行の時速は49㌔と言われているが、台湾は狭軌であるのに対し、朝鮮は標準軌であり、時速は朝鮮の方がはるかに速かったはずである。しかし、現在の北朝鮮ではドル箱路線と言われる平壌~新義州間でも時速40㌔前後と言われているから、平壌~羅津間が30時間以上もかかるのも理解できる。

 映像に映し出された4線軌道の枕木はまともなものであったが、これが外国人があまり乗らないような路線では、枕木が腐食していたり、コンクリート製の枕木が壊れていたり、甚だしくは枕木の間隔が1㍍もあるような線路では、スピードも出せないであろう。

隔離嫌い中国経由断念

 一家は伝えられるところによると、「2週間以上の自主隔離が求められる中国経由での帰国を断念し、唯一の手段として『徒歩による国境越え』を断行した」とのこと。北朝鮮を離れた理由は「子供の健康問題」であったという。北朝鮮から3月19日に平壌駐在の世界食糧計画(WFP)職員やチェコの外交官ら38人が陸路、中国へ脱出した。

(みやつか・としお)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。