«
»

米新政権の東アジア外交姿勢

杉山 蕃

クアッド連携強め対中圧力 新たな防衛戦略が必要な日本

元統幕議長 杉山 蕃

 3月16日から19日にかけて、米国務長官ブリンケン氏は、東アジア3カ国と外交首脳会談を行い、新政権の外交姿勢を明確にした。日・韓とは2プラス2の形で、中国とは外交首脳同士の形で行われた。

 日米では、共に強固な同盟を目指すとし、尖閣については従来通り、安保条約の適用を保証することが確認された。会談後の共同文書で、中国を名指しで「既存の国際秩序と合致しない行動」「海警法の一方的制定」に重大な懸念を表明する等毅然(きぜん)たる態度を取ることとなった。

米中会談で強気の中国

 アンカレッジで行われた米中外交首脳会談は、冒頭マスコミを意識した派手な非難戦が展開され、興味ある展開が期待されたが、会談後の記者会見では、あらかじめ準備していたような「妥当」な発言で終了した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。