«
»

対中戦略にグランド・ストラテジーを

新田 容子

日米豪印と欧州の連携必須 D10で政治・軍事的脅威に対抗

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

 3月18日、アラスカで開催された米中外交トップ会談で、人権問題、サイバー攻撃、他国への経済的圧力などバイデン米新政権が抱える懸念事項について、両国による厳しい応酬が繰り広げられた。中国は不公平だと再度メディアを部屋に招き入れ、自国の持論を舌鋒(ぜっぽう)鋭く内外に向けて展開した。闘争的で謝罪をしない、まくし立てるだけの中国には、もはや対話重視の平和外交は適用できない。

 直前の12日には米国主導で開催された初の日米豪印(クアッド)首脳会議では対中包囲網を目的とし、東・南シナ海への海洋進出、海警法も共通の議題とした。バイデン大統領は、今後4年間の米国外交政策、中国がもたらす課題に対処するには、同盟関係が軸になると述べる。4月には日米首脳会談が予定されており、同盟の強化を確認する意気込みだ。

研究開発など米を圧倒


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。