ワシントン・タイムズ・ジャパン

日露戦争と仏ユダヤ大富豪

佐藤 唯行

露仏同盟下で対日支援

獨協大学教授 佐藤 唯行

 日露戦争中の1905年、パリの駐仏公使、本野一郎のもとをひとりの小柄な紳士が来訪した。紳士は日本政府が発行する公債を自分の人脈で売りさばいてやろうと申し出たのだ。

 紳士の名はアルベール・カーン(1860~1940)。一代で自前の投資銀行を設立したユダヤ大富豪だ。日本政府は戦費調達先として、既に米英の金融市場に働きかけを行ってきたが、フランスには期待していなかった。

 フランスはロシアとの間で露仏同盟という強固な政治・軍事上の協力協定を結んでおり、戦時にフランス金融市場でロシアの敵国日本が資金調達を行うことはまず無理だろうと諦めかけていたからだ。事実、ロシア公債の大半はフランス金融資本により購入されていたのである。そんなおり、在仏ユダヤ大富豪からの予期せぬ申し出に本野公使は小躍りして喜んだのであった。以後、両者は終生にわたり水魚の交わりを結ぶ間柄となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。