«
»

実戦的訓練強調した習軍令1号

茅原 郁生4

米の対中圧力強化に焦り 軍引き締め、強い指導者像誇示

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国の習近平中央軍事委員会主席は、年初に「軍は実戦的訓練を急げ」と開戦に備えるような、2021年の軍命令第1号(軍令1号)を発した。

 これまで中国は習政権下で「中国の夢」を追求し、国際秩序に挑戦しながら海洋進出を進めてきた。それはトランプ米大統領時代の厳しい米中争覇の鬩(せめ)ぎ合いにつながった。今日「実戦的軍事訓練」を推奨してきたのは何故(なぜ)か.バイデン米新大統領への牽制(けんせい)のサインと受け止められるが、そこにはさらに中国内向けの問題として軍の引き締め、および共産党や国内世論に対する強い指導者像誇示の含意と看過できない要因もある。

軍事科学技術も強化へ


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。