«
»

中国との3声明を換骨奪胎した米国

浅野 和生

「一つの中国」有名無実化 「日台交流基本法」の制定期待

平成国際大学教授 浅野 和生

 今からおよそ半世紀前、1972年2月28日の米中「上海コミュニケ」で、中国は「中華人民共和国政府は中国の唯一の合法政府であり、台湾は中国の一省であり、つとに祖国に返還されて」いるとし、「台湾解放」は、他国の干渉を許さない「中国の国内問題」だと主張した。さらに「一つの中国、一つの台湾」「一つの中国、二つの政府」「二つの中国」および「台湾独立」をつくり上げることを目的とし、あるいは「台湾の地位は未確定である」と唱えるいかなる活動にも「断固として反対する」とも述べた。以来、中国の立場は今日まで一貫している。

新たな現実、正しく認識


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。