«
»

FOIPと価値観外交

西川 佳秀

腰の引けた日本政府 積極的に発信し具体策示せ

東洋大学教授 西川 佳秀

 2月18日、日米豪印の4カ国外相会合が開かれ、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)構想の推進で一致、アメリカは4カ国の首脳会談初開催にも意欲的といわれる。安倍前首相が提唱したFOIPの構想は、いまや米豪印だけでなく英国や仏独も支持を表明し、自由民主世界共通の戦略目標へと発展しつつある。もっとも、その実態はといえば、未(いま)だスローガンや掛け声の域に留(とど)まり、戦略目標達成に至るプロセスや具体的な政策の中身に乏しいことも事実だ。

 しかるに「言霊(ことだま)の国」であるわが国は、FOIPと唱えればそれだけで自由民主の世界が実現するかの錯覚や、米のみならず豪印英なども日本の同盟国となり、ともに中国の脅威に対処してくれるとの安易で一方的な思いに浸っているのではないか。筆者は、この点を深く危惧するものである。

香港弾圧など声上げず


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。