«
»

現実化する『1984年』の世界

小山 常実

米国が「第二の中国」になる トランプ派の再教育求める声も

大月短期大学名誉教授 小山 常実

 テレビや新聞の報道を信ずるならば、1月21日午前2時前(ワシントン時間1月20日正午前)、ジョー・バイデン米大統領が誕生した。ただ国防総省は、バイデンを自己の最高指揮官とは認めていないようである。この点を重視するならば、バイデン政権は正式に発足していないのかもしれない。とはいえ、バイデン政権が誕生したものとして、話を進めていきたい。

メディアが言論を弾圧

 さて、今回の米大統領選は、多くの人たちがリアルタイムで確認したように、また大統領補佐官ピーター・ナバロがまとめた報告書にあるように、民主党が仕組んだ不正選挙であったと言える。ドナルド・トランプ側は不正選挙であると追及したが、裁判所でも、州議会でも、連邦議会でもきちんとした審議は行われず、バイデンが第46代米大統領に就任することになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。