«
»

ロシアの米IT企業ハッキング

新田 容子

政府機関の合同部隊関与か 日本はサイバー戦略の転換を

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

 2021年1月の船出後、米国バイデン新大統領は「深刻なサイバー攻撃を行うわれわれの敵(ロシア)を混乱させ、抑止する」という公約を直ちに掲げ、ロシアに対して厳しい措置を取る姿勢を明示した。バイデン氏は冷戦終結後、ロシアとの関係正常化、改善を約束しなかった初の米国大統領だ。

被害の全貌は依然不明

 米IT企業ソーラーウィンズ社は、連邦政府をはじめ米大手企業を顧客に持ち、自社ソフトウエアを提供してきたが、昨年12月に自社ソフトにマルウエアが組み込まれていたことが発覚し、クライアントを震撼(しんかん)させた。どの機密情報が窃盗に遭ったかも依然不明なままだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。