«
»

継承される「インド太平洋」構想

浅野 和生

覚悟求められる菅内閣 地域安保の柱たるべき日本

平成国際大学教授 浅野 和生

 バイデン米大統領は、1月28日の菅首相との初の電話会談で、「自由で開かれたインド太平洋」構想の維持を表明した。昨年11月にバイデン氏は「安全で繁栄したインド太平洋」と述べていたのを改めた形である。「安全で繁栄した」地域は、独裁国家を含めることができるが、「自由で開かれた」地域はそうではない。好ましい変化である。

 バイデン政権としては、トランプ政権の概念をそのまま継承することを忌避したかったのだろうが、「自由で開かれたインド太平洋」の概念がトランプ政権ではなく、日本発であるという日本の説明を受け入れたのだという。

関係各国が認識を共有


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。