«
»

知ってほしい「等身大」の沖縄

沖縄大学教授 宮城 能彦

来年、日本復帰から半世紀 同じ国民として問題の解決を

沖縄大学教授 宮城 能彦

 年が明け、2021年になった。来年は沖縄が日本に復帰して半世紀となることに、ふと気が付いた。戦後、米軍統治下の沖縄に生まれ育った者には感慨深いものがある。米軍統治下にあったのは、1945年から72年までの27年間。沖縄が日本に復帰した後の方が、倍近く長くなる。

 一昨年末は、首里城が焼失してしまった時の、若い人たちの感情、首里城に対する思いの大きさを見て驚いた。私たちのように、首里城が再建される前を知っている世代よりも、生まれた時から首里城がある若い世代の方が、思い入れが強いのだ。

受け入れ難い「否定論」

 生まれた時から普通に日本である沖縄で生まれ育った、今の50歳以下の「復帰後世代」にとって、沖縄の本土復帰は、具体的なイメージを持つことができない「歴史上の出来事」でしかない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。