«
»

バイデン大統領で米国民は結束できず

エルドリッヂ氏

トランプ支持者見下す発言 不正選挙を「陰謀論」と切り捨て

エルドリッヂ研究所代表 政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 ジョー・バイデンは、アメリカ合衆国憲法に定めている手続きを踏んで第46代米大統領に就任した。就任式は「アメリカ・ユナイテッド」をテーマにした。つまり、去る11月の大統領選挙によって一層進んだ分断されている米国を再結束するということだ。

 就任式を主催する委員会によると、テーマは「アメリカの魂を取り戻し、国を一つにし、より明るい将来への小道をつくる始まりを反映している」というが、これは具体性を欠き、アメリカの政治を長年ダメにし、国民を騙(だま)してきた、単なる決まり文句にすぎない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。