«
»

中国の宇宙開発に求められること

茅原 郁生

人類共通の利益追求期待 歴史的怨念を超え国際協力を

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 昨年12月18日付の中国「人民日報」は無人探査衛星「嫦娥(じょうが)5号」が、月のサンプル採取後に無事地球に回収されたニュースを偉業としてトップで大々的に報じた。これは米・旧ソ連に次ぐ44年ぶりの宇宙開発成果であり、わが国の「はやぶさ2号」の快挙と共に慶賀に値しよう。

 しかし中国は国力の伸張に伴い、これまで各方面に支配領域の拡大に努めており、嫦娥5号もその一環になるのではないかとの疑念が湧く。これまで海洋では南シナ海や尖閣海域で、海洋秩序に反した強権的行動による海洋進出が反復されてきたのは周知の通りである。

 このような事態を踏まえて中国の宇宙開発の特性と実態について纏(まと)めておきたい。

軍主体、軍事目的に直結


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。