«
»

佐野常民と日本赤十字社の創設

濱口 和久

西南戦争時、敵方も救護 人道精神を植え付ける契機に

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 日本赤十字社(以下、日赤)は、明治10(1877)年に起きた西南戦争に際し、佐賀藩出身の佐野常民が敵味方の区別なく負傷者を救護するために熊本洋学校に設立した博愛社に始まる。

 常民は、藩校弘道館に学び、嘉永元(1848)年には大阪の緒方洪庵の適塾で学ぶ。そこで大村益次郎をはじめとする幕末・明治維新で活躍する多くの人材と知遇を得る。嘉永2年には、江戸で伊藤玄朴の象先堂塾に入門し、塾頭となる。江戸では戸塚静海にも学んでいる。佐賀に帰った常民は佐賀藩精煉方(せいれんかた)頭人(とうにん)となり、藩主の鍋島直正から「栄寿左衛門」の名を授かり、さまざまな理化学研究の指揮を執る一方、海軍創設にも力を注いだ。明治3年に明治政府に出仕してからは政府の要職(大蔵卿、元老院議長、枢密顧問官、農商務大臣)を歴任している。

災害や海難事故に即応


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。