«
»

地歩固めるミシュスチン露首相

中澤 孝之

メディア帝国構築に着手 閣僚人事で内閣掌握を強める

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ミハイル・ウラジーミロビッチ・ミシュスチン。今、この名前の人物を覚えている人は少ないのではないか。今年1月16日に連邦税務局長官から53歳で抜擢(ばってき)された第11代ロシア首相である。

 プーチン大統領(68)は同15日に、終身のナンバー2かと思われた当時の首相ドミトリー・メドベージェフ氏(55)を更迭し、後継にミシュスチン氏を指名した。ミシュスチン氏は、大統領府長官や第1副首相、首相、大統領そして首相などと中央の要職を重ねてきた前任者よりもはるかに知名度が低いこともあって、この首相人事は、1999年8月、当時のエリツィン大統領がプーチン氏を第1副首相(首相代行)に指名したときと匹敵するくらいに、驚きをもって迎えられた。

強烈な野心剥き出しに


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。