«
»

米大統領選と我が国の防衛政策

杉山 蕃

対中牽制の体制構築を 平和な海を守る努力怠るな

元統幕議長 杉山 蕃

 米大統領選は11月7日、バイデン候補の事実上の勝利宣言があり、米マスメディアは一斉に大統領交代の方向に流れているようであるが、トランプ陣営の法廷闘争への姿勢からまだ混迷を続ける様相である。この状況下、中国はいろいろな方策で米国を中核とする対中包囲網と言える国際情勢に楔(くさび)を打ち込み、情勢を有利に導く姿勢がうかがえる。先日、習近平中国国家主席が公表した「環太平洋連携協定(TPP)への参加検討」は、その嚆矢(こうし)と言えるであろう。

包囲網の阻止図る中国


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。