«
»

沖縄県民が抱くコンプレックス

宮城 能彦

反日教育・メディアが影響 歴史・文化に誇り持てる授業を

沖縄大学教授 宮城 能彦

 私は日本人であることに誇りを持っている。1972年に沖縄が日本に復帰してほんとうに良かった。小学6年生だった。

 ところが、日本復帰を否定する人たちが沖縄のメディアや大学に少なくない。そういう人たちは国旗を掲揚することや国歌を斉唱することすら否定してしまう。さらには、自衛隊の存在を否定し、国防のための自衛隊配置にまで反対する。とても残念でならない。

 今回のアメリカ大統領選挙ではいまだに混乱が続いているが、共和党支持者も民主党支持者もどちらも、星条旗を掲げ、どちらもアメリカのためにと必死に運動している。一部の争乱的な状況はともかくとして、これはとても羨(うらや)ましい光景である。

復帰前はまともな教育

 中学高校とほぼ「反日的な教育」を学校で受けてきた。しかしその私がなぜ今、日本人としての誇りを持っているのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。