«
»

大統領選が鮮明にした米国の二極化

加瀬 みき

人種・教育レベルに相違点 経済状況や職業が対立要因に

アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 2020年米大統領選挙の一番の驚きは、その接戦ぶりだった。選挙直前には共和党幹部ですら恐れた民主党の「青い波」は訪れず、トランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領のがっぷり四つに組んだ戦いを応援する二つの異なったアメリカが浮き彫りになった。

議会選では民主党不振

 得票率も有権者の投票動向もまだ最終結果は出ていないが、総投票数が1億5千万票以上で、得票数の差はわずか600万票以下になりそうである。民主党は大きく議席を伸ばした18年の中間選挙の流れを汲(く)んで上院では多数党となり、下院でも票を伸ばす計算だった。しかし、そうはならなかった。下院で議席を減らしたばかりか、上院では共和党が少なくとも50議席を確保している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。