«
»

モディ新印首相に期待する

ペマ・ギャルポ

強い日印関係の構築を

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 世界最大の民主主義国家インドの長い選挙期間(7週間)を経て、5月16日に結果が発表された。予想を上回る議席を確保したインド人民党が337議席を獲得し、543議席の過半数をはるかに上回る勢いを見せた。今回の選挙の特色はグジャラート州首相、ナレンドラ・モディ氏への期待が大きな要因になったと思われる。

 今回の選挙の結果、喜ぶべきことは30年ぶりに単独で政権を運営できる安定した与党と、強いリーダーシップを発揮できる首相が出現したことである。対日関係においてはどの政党が政権を取っても、日本を重視するという基本的な政策は変わらないものの、モディ政権になることで、さらに深化することは間違いない。モディ首相は安倍首相を高く評価していると言われており、最初の訪問先の外国として日本が選ばれる可能性は高いと聞く。日本政府も既に歓迎する意思を伝えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。