«
»

新型コロナ第2波のロシア

乾 一宇

欧州諸国より低い致死率 経済活動活発化させ共生図る

ロシア研究家 乾 一宇

 欧州で新型コロナウイルスの第2波感染拡大の勢いが増している。

 ロシアは、第1波が5月上旬に1日の感染者が1万人台に達し、その後感染者が徐々に減少、8月中旬に4千人台に減少した。とくにモスクワは感染者が半減(7月中旬5百人台)、他方、地方において若干の拡大傾向にあった。

 それが、欧州同様、モスクワなど大都市で徐々に感染者が拡大し始め(9月下旬からモスクワ千人台突破)、第2波到来と懸念されている。第2波は、新感染者数の急激な増大と回復者数の大きな乖離が生じた9月下旬~10月上旬ごろに始まった。一方、地方は低い数で横ばいが最近の特徴である。

人種・地域で状況に差異


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。