«
»

バイデン候補絶賛の悪質メディア

ロバート・D・エルドリッヂ

不都合な事実には触れず 米誌、大統領選直前に情報操作

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 米大統領選を約2週間後に控えた10月19日、半世紀にわたって音楽や文化をはじめ、社会問題、政治問題などを扱う人気雑誌「ローリング・ストーン」が、野党民主党の大統領候補のジョセフ・バイデンを特集し、絶賛した。表紙にもなっている。「バイデンの時が来た」という大見出しの下には、「彼がアメリカを再建させる適任者」と書いてある。

 米国では、新聞、雑誌、放送局などの既存メディアは特定の候補を支持することは多く、それほど違和感はないが、事実ではないことばかりを書いたり言ったりすることが多く、メディアそのものの質が問われている。どのメディアにもバイアスがあるが、真実を語らなければ、単なるプロパガンダにすぎない。

レイプ事件や人種差別


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。