«
»

米大統領選結果はいかに決まるか

加瀬 みき

投票制約する事例が横行 期日前短縮や身分証明厳格化

アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 長かった米大統領選挙戦がやっと終わろうとしている。しかし、投票日の翌朝までに新大統領が決まるか、何よりもいかに勝者が決まるかは誰も読み切れない。

 10月末時点で民主党のバイデン候補が有利である。バイデン氏が有利なのは同氏が民主党の候補に正式に決まってから変わらず、またトランプ大統領との差も9ポイント前後で異例と言えるほど安定している。

 アメリカ中、いや世界中が4年前を思い起こし、いつトランプ大統領が差を縮めるか、オクトーバー・サプライズがあるのか、そして大逆転勝利があるのかもしれないと見守ってきた。しかし、共和党の指導層内ではすでに悲壮感が広まっており、トランプ大統領自身、早くから獲得票数で負けた場合の準備をしてきたと見える。

選挙監視人が選挙妨害


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。