«
»

古文書が伝える災害の教訓

濱口 和久

優れた古代の観測記録 地震の周期や被害想定に有益

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 大海人皇子は、天武天皇元(672)年に起きた古代日本最大の内乱である壬申の乱を勝ち抜き、天武天皇として即位する。そして、天武天皇が編纂(へんさん)を命じ、養老4(720)年に完成したのが『日本書紀』だ。

『書紀』が記す巨大地震

 天武天皇の時代になると、中央集権国家が確立され、日本各地からさまざまな情報が迅速に都に集まるようになる。その中には災害の情報も含まれていた。

 『日本書紀』の天武天皇7(678)年の項には、「現在の九州北部で地震が起き、大きな地割れを生じ、多数の家屋が倒壊した」という記述がある。このとき、岡の上にあった百姓の家屋は、地震の夜に岡が崩れ、土砂とともに移動したが、家屋は無事だった。そのため、朝になって初めて、家屋が移動したことに百姓は気付いたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。