«
»

「防衛白書」に目を通そう

茅原 郁生

自衛隊理解へ国民必読の書 日本取り巻く安保環境を詳述

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 わが国では、政府の国民への情報公開として各省庁は周知のように毎年「白書」(外務省は「外交青書」)を発出している。安全保障分野では「日本の防衛(防衛白書)」が防衛省から毎年夏に発行されているが、本年で50回の出版と節目を迎えた。私事ながら筆者は防衛省からオピニオンリーダーの委嘱を受けており、先般、令和2年版白書の説明会に招かれた。

 防衛白書はこれまで図表や写真が多用され、読みやすさと濃密な内容で他の白書をリードしてきたと筆者は見ているが、50周年を期して本年版は冒頭に「巻頭特集」として①防衛この1年②新たな領域(宇宙、サイバー、電磁波)③防衛白書50年の歩み―がコンパクトに特集され、本文各部のダイジェスト版も写真を中心に纏(まと)められている。

説得力のある情勢分析


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。