«
»

文化大革命の再現図る中国

ペマ・ギャルポ

チベットで洗脳教育復活 強制労働で伝統的生活を破壊

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ ギャルポ

 最近、皆様がお気付きのように中国政府は南モンゴル、いわゆるモンゴル自治区で学校教育でのモンゴル語の使用を廃止し、一層中国化の促進を強要している。これに対し日本でもモンゴル人を中心に大規模なデモが起きた。世界日報でも取り上げて下さったので詳細については割愛する。

軍事工場建設にも動員

 チベットでも再び言語統制そしてかつての洗脳教育が復活している。日本の英字新聞はその詳細を2ページにわたって大きく報道したが、日本の主要新聞ではそのような記事は見当たらない。同記事によれば、2016年から20年6月までに50万人ほどのチベットの地方青年たちがウイグル並みの強制労働収容所および洗脳教育センターに入れられた、ということがアメリカの研究者などによって明らかにされた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。